当事者意識をもって講義を受ければ役に立ちます

>

経営が思うようにうまく行かない時

相談場所は様々

チーム岩松もしくは岩松さん本人と直接相談することが出来ます。相談する場所は特に決まっていないようです。時には自宅、そして喫茶店、ホテルなど双方の都合の良い場所で相談に乗ってくれます。これも必ず事務所まで行かなければならないような融通の利かなさはありませんね。常にフレキシブルに相手の立場を考えながら、双方のすり合わせをする岩松さんの人の好さがにじみ出てているように感じます。
また、質問をする前にアドバイスをくれるなど、一人一人の受講生を非常によく見ています。
何故、その方法ではうまく行っていないのか、それらの事を岩松さん側で把握をしているのです。というのは、受講生は何らかの形式で実際の売り上げサマリーを提出しなければなりません。それは岩松さんの授業内容を理解して行っているかを確認をするためです。ひとりひとりにチーム岩松が返答をして、受講生の現状を把握しています。

親身に回答してくれます

物販ビジネスにおいて行き詰ってしまった時、岩松さんは親身になって相談に乗ってくれます。これは受講生の感想を読んでみても「質問をすると、親身になって一緒に考えてくれる。」と言った声がとても多く見受けられました。恐らく「解答」ではなく「回答」をしてくれるのでしょう。
そして、その導き出した回答を実践し、時間はかかるかもしれませんが結果が出ると、一緒になって喜んでくれると言います。受講生が悩んでいる時は一緒に悩み回答を探し、結果となり成果が出ると一緒になって喜んでくれる。これは、受講生が不安を抱える中、とても心強い事だと思います。
そんな岩松さん、受講者の感想でもう一つ目立ったのが「これだけ私たちの事を思っている岩松さん(チーム岩松)を自分が結果を出すことで喜ばせてあげたい」と言うものです。
岩松さんの喜びは、受講者の喜びにもなるのですね。


この記事をシェアする

トップへもどる